2011年04月07日

龍安寺(#^.^#)



龍安寺の石庭のすぐわきにある庭です。

石庭はどなたでもたくさん写真を撮ると思いますので、

今回は少し違ったものも撮ってみました。




入口は階段ですが、緩やかなので上がりやすいです。







ちょうど襖絵の特別展示をしていました。

115年ぶりに返還された記念だそうです。




ついで出来ているこま犬だそうです。

ディノは最初片方しか気が付かず写真を撮っていましたが、

そばにいた係りの方が、「せっかくなら両方撮らないと意味がないよ。」
と教えてくださいました。










このつくばいは「われ ただ たるを しる」と読むそうです。

Wikipediaには下記のように説明がしてあります。

『ここの蹲踞には「吾唯知足」(われ、ただ足るを知る)の4字が刻まれているが、
 その意味合いから石庭の石が「一度に14個しか見ることができない」ことを
「不満に思わず満足する心を持ちなさい」という戒めでもあるといわれる。
 また水を溜めておくための中央の四角い穴が「吾唯知足」の4つの漢字の
「へん」や「つくり」の「口」として共有されているのが見どころであり、
 そのため一見「五・隹・疋・矢」と読める。
 徳川光圀の寄進と伝承されているが、一般拝観者が見ることのできるものは複製である。』

説明を読むと納得するものがあります。









この土塀の感じも好きです。


ディノは京都の中でも龍安寺は好きです。
広い池の周りの回遊式庭園も何も考えることなく、
ただゆったり景色を見て、風や鳥の声を感じる事ができ、
長い時間龍安寺にいました。

テスもエンも龍安寺は好きで、ずっと写真を撮っていたようです。


同じカテゴリー(2011京都)の記事画像
ランボルギーニ ムルシエラゴ LP640!!!
京都・蜂須
三千院
銀閣寺
南禅寺の水路閣
祇園辻利
同じカテゴリー(2011京都)の記事
 ランボルギーニ ムルシエラゴ LP640!!! (2012-10-20 08:04)
 京都・蜂須 (2011-04-15 18:10)
 三千院 (2011-04-14 16:02)
 銀閣寺 (2011-04-13 16:18)
 南禅寺の水路閣 (2011-04-12 14:45)
 祇園辻利 (2011-04-08 15:25)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
龍安寺(#^.^#)
    コメント(0)