グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2010年02月27日

Ferrari木製モデラー山田健二の世界☆




≪Ferrari木製モデラー山田健二の世界≫

初日に行ってきましたface02

当然エンも一緒ですicon22
最近少し元気のなかったエンですが、
会場に入ると顔つきが変わり、
興奮しまくり!!!face02
ディノは少し恥ずかしいようでしたface07

作者の山田さんに写真を撮って良いか確認をすると、
「どうぞどうぞface02
 ドンドン撮ってくだい」
と言って下さり、エンはさっそく撮影開始!!
(このブログの写真はディノが撮りましたので、上手ではありません…)


この写真はもちろんディノの一番大好きな

DINO206icon12icon12icon12

カッコイイです(*^_^*)

あっ、その前にこの作品はすべて木製なのです。
知っている方も沢山いると思いますが、
山田さんはすべて手作りで、しかもバルサ材を使った

木製

ボディーはもちろん、タイヤ・ホイル・エンジンなど
すべ木で出来ています。icon14

雑誌やテレビで山田さんの事はしていましたが、
実際に木製Ferrariを見るのは初めてでした。
エンではありませんが、興奮しましたicon06

なんでこのような作品が木で出来るのか不思議です。

山田さんは丁寧にエンに説明をして下さり、
さらにエンは大興奮!!!




この車はテスもエンもディノも大好きな車です
名車中の名車と言う人が多いとの事で、
山田さんも大好きな車だそうです。

≪250GTO≫




エンジンまでこんなに精密に出来ています。
鍵もあり、ドアや窓の開くものもありました。

この250GTOはハンドルを回すと
タイヤも連動で動いていました。
驚く事ばかりです。






このトーチはFerrari60周年記念のトーチリレーの物を
レプリカとして大きく作られたそうです。




エンは入口の所にあるこのお花で最初の興奮がありました。

この松田さんは、Ferrari好きな人なら知らない人がいないと言う方で、
松田さん個人の持ち物のFerrariを展示して美術館として開館していました。
(現在は閉館しました。御殿場のFerrariを美術館です)



山田さんの作品をまた見に行きたいとエンは言っていました。


3月3日まで、
高崎市シティーギャラリーにて
入場料無料
是非行ってみてください!!


車の事がよくわからないディノですので、
説明等、間違えていたらすみません。  


Posted by ディノ at 11:13Comments(0)Ferrari